ハラスメント研修用の資料作成用に作ってみました。

2022年4月1日よりハラスメント防止対策が義務化されるわけですが、その中で望ましい取り組みとして「ハラスメント研修」というのがあります。
厚生労働省が開設しているポータルサイト「あかるい職場応援団」ではハラスメント研修用資料のパワポ版も用意されておりますので、それをご利用いただくのも良いのですが、この資料を参考として新たなる資料を作りたい・自分のイメージに合うように作りたい……でもグラフを作るの超面倒!って思っている企業の研修担当者の皆様や士業の先生の皆様は結構いるのでは? と思っております。

「あかるい職場応援団」ハラスメント関係資料ダウンロード
(厚生労働省ポータルサイト「あかるい職場応援団」より)
https://www.no-harassment.mhlw.go.jp/jinji/download/

そこで、少しはそんな皆様のお役に立てるようにと思い、「ハラスメント研修用資料」で使えそうなグラフを作ってみました。

資料作成のそれぞれのパターンですが、

  • Visualizer用(WordPressを使用したウェブサイト用)
    • マウスポインターをグラフの上にのせるとツールチップが表示されるのでウェブサイト上にて使うのに便利です。
      グラフの左上に「CSV」と表示されているところをクリックするとCSVファイルが、「Download」と表示されているところをクリックすると、グラフの画像ファイルがダウンロードできます。
      ※WordPress上でVisualizerをご利用いただいた際に発生した問題等に関しては責任は負えません。自己責任にてお願いいたしす。
  • Excel・PowerPoint版
    • 作成したグラフの画像を載せてます。
    • グラフの画像の下のダウンロードリンクより作成の元となったExcelファイルとPowerPointファイルがダウンロードできます。

いずれにせよ、ご使用いただく際にはある程度の作業は必要となります。
是非ご参考にしていただけますと幸いです。

「令和2年度個別労働紛争解決制度の施行状況」より

パワーハラスメントの現状を表示するための資料となります。
厚生労働省の資料は私がこのページを作成している現在では「平成30年版」の資料となっておりますが、こちら既に令和2年版のものが公開されておりますので、そちらの資料を作成しました。

やはり、ハラスメントの現状を研修で伝えるためには実際にどれくらい相談件数があるものなのか? という事を伝えることは重要です。これだけの相談件数があるのだからハラスメントは企業のリスクになるという流れにという話になっていくのかと思います。

「令和2年度個別労働紛争解決制度の施行状況」
(厚生労働省ウェブサイトより)
https://www.mhlw.go.jp/content/11909000/000797476.pdf

H23~R2年までの相談内容別の全体の表は以下にまとめました。
グラフはこのファイルを元に作成をしております。

民事上の個別労働紛争相談件数の推移(相談内容別TOP5)

令和2年の結果で「いじめ・嫌がらせ」の件数は減ってはいますが、令和2年6月、労働施策総合推進法が施行され、大企業の職場におけるパワーハラスメントに関する個別労働紛争は同法に基づき対応することとなったため、同法施行以降の大企業の当該紛争に関するものはいじめ・嫌がらせに計上されていません。
なお、 労働施策総合推進法に関する相談件数は「18,363件」となります。
したがって、この資料を使う際に、令和2年度の数値を18,363件追加して資料を作る場合には、ダウンロードした数値を編集する必要がありますのでご注意ください。

しかし、ハラスメント絡みの相談「いじめ・嫌がらせ」ですが9年連続最多です。これだけを見ても企業がハラスメントの対策をする意義というのが見えるのではと思います。
また、解説書の多くは「裁判例」を紹介されているものが多いかと思いますが、あっせん事例まで見てみますと企業側が悪いわけではなくともあっせんまで持っていかれることもあり、ハラスメント疑惑が発生すると企業側としては相当な体力を必要とされることが多くあるという事を認識していただいた方がいいかもしれません。

Visualizer

Excel・PowerPoint

左側の画像は、個別労働紛争のみのグラフ。右側は労働施策総合推進法に関する相談件数「18,363件」を別で加えたものとなります。

民事上の個別労働紛争相談件数の推移 (いじめ・嫌がらせ編)

これをいじめ嫌がらせだけにフォーカスしたグラフは以下となります。

Visualizer

労働施策総合推進法に関する相談件数は「18,363件」 を追加すると、こんな感じ。

Excel・PowerPoint

左側の画像は、個別労働紛争のみのグラフ。右側は労働施策総合推進法に関する相談件数「18,363件」を別で加えたものとなります。

民事上の個別労働紛争相談件数 単年度(TOP6+その他)

Visualizerでも3D円グラフや特定のものだけをオフセットすることもできますが、エクセルでできるような内訳を表示した円グラフの作成はできないようです。(そもそも、Google Chartsにそのグラフ種類が見当たらないので……)
ここには労働施策総合推進法の件数は含まれておりません。

Visualizer

Excel・PowerPoint

PowerPoint上にてグラフを作成する場合手間はかかりますが、2つのグラフを作成し組み合わせて作成することで自由度が増すのが良いですね。以下の図の場合にはドーナツグラフとその他の詳細を別途棒グラフを作ってPowerPoint上で組み合わせたものです。そこに、少し資料の補足などを記載してまとめたのが下の図です。

では、今回はここまで。
続きは後日作成予定です。

ハラスメントの研修も行います!

当オフィスでは管理職・従業員様に向けたハラスメント研修(セミナー)を行っております。
特に中小企業が義務化されることを受け、管理職・従業員の皆様におかれましては基本となる事項を理解しておくことは必要なこととなっております。
ハラスメント研修(セミナー)の必要がございましたら、お気軽にお問い合わせください。